校庭緑園化普及導入支援サービス(公立校)

現状の課題

全国の校庭やスポーツ施設に芝生化を展開する時に、さまざまな課題・問題が生じる事が想定されます。また、現在芝生化を導入する為には、導入前にさまざまな不安や疑問に対して、利用者自らが勉強し、学習しながら導入する必要が少なからずあります。

ページトップへ

日本における芝生化敷設費用実態

日本においては社会インフラ費用も一概に米国と異なるため同等とならないとしても現状の価格差は、工法や構造の改善余地は多大にあると思われます。日本では土壌改良や井戸の設置等の諸条件も異なりますが、平均しても1㎡=1.2万円以上が相場となっています。

高価な導入費用で敷設したとしても、芝生は生き物であり、その後の芝生化維持が約束された訳ではありません。その後の芝生化維持の為のメンテナンス費用は別であり、その両輪が伴って継続維持されます。

芝生敷設導入費用は、米国に比べて約5倍以上高い

ページトップへ

芝生化普及かつ適正価格での展開を促進する支援サービス

米国並みの導入費用にする為には、業者と発注側の関係間で解決されるでしょうか?弊社では、芝生先進国でのモデルとして日本の環境・気候に則した芝生化環境を適正価格で展開し、普及するための導入支援サービスをご提供します。

ページトップへ

芝生化普及促進のためのモデル化構築・展開サービスにも対応

芝生化を導入する事を目的とした取り組みではなく、限られた予算の中で、芝生化を維持・継続するためにはどうしたら良いか?を施設側・利用者の視点でサービスの提供を行います。

ページトップへ